経歴

スチュワート・マンスフィールド


スチュワート・マンスフィールドは1966年12月14日、イギリスのレスター・シティで生まれた。5才の時に歌を歌い始め、マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソン、クイーンなど様々なアーティストの曲を聴きながら、音楽への情熱を傾けていった。彼の家族は、音楽一家であった。父と祖父はゴスペルの歌手であり、兄弟のビリーとマークは近所の友人達とパントマイムを演じた。

12才の頃、彼は家族と共にイギリス南部で休暇を過ごしていた。そこで偶然、タレント・ショー(アマチュア演芸大会)が翌日に開催されることを知り、意志の強い彼は、大胆にもそのショーに参加することにした。

しかし翌日の午後、ホールに入りステージに立った瞬間、彼はとたんに圧倒されてしまった。気後れして平常心を失い、彼は押しつぶされてしまった。世界は彼の足元から崩れ去ったようだった。僕はもう歌えない、と彼は思った。それが始まりであった、とここでは述べるにとどめておく。

日本へ渡るという選択は、彼にとって容易なものであった。

2006年、彼はシングル、アルバム、テレビやラジオのCMソングのレコーディングで極めて多忙な時を過ごした。アルバム「Believe in our World」のシングル曲は「I Love You」で、彼とスティーブ・エヴァンスが制作した。また、アルバムの表題曲は、日本のラジオやテレビで成功を収めた。

さらに、彼はKei Matsumotoと共にアメリカン航空やソフトバンクのラジオ用ジングル曲を制作、レコーディングした。今後、彼にどのような将来が待ち受けているのだろうか。現在のところ、彼は音楽の更なる制作、レコーディングを行い、日本に滞在する予定である。自身が成長し、音楽への愛を他者と共有するために、できる限りのことを行いながら。

彼は多くの時間を芸術活動、すなわち、音楽に費やしているが、時にはそこから離れることも必要となる。彼は大の読書家である。彼が読む本は、自身が制作、プロデュースして歌う音楽と同様に多岐に渡る。彼はよく自宅近くの緑地や、淀川、大阪城周辺で、ランニングやサイクリングをして気分転換をする。限られた自由時間の中、あなたが今見ているようなウェブサイトの作成に必要なプログラミング知識を、独学で用いることもある。

Get My Profile    Songlist  




Upcoming | Local Dates

stuart

There are currently no upcoming events... Please check back again soon.